ブログ一覧

●英語は語彙力とパターンプラクティス●

al900_bs001

高松で英会話教室New Frontier(ニューフロンティア)の学習コンサルタントをしていますグル姉です。
今日も書きます^^

 

今日は、「英語を話すには」をテーマに。

英語を学習していた頃、勉強して、学校のテストや英検は合格しても、
会話になるとなぜかメキメキと力が付いた感じがしない。。。

 

他のブログでも書いたことがありますが、「英会話力」と「勉強英語」は違うので、
実は目的に合わせて学習する必要があります。特に中級以上のレベルの方はここはポイント!

 

大人になって、仕事や家庭を持ちながら英会話力を向上させるのはなかなか難しいですが、
自宅でこっそり「自主トレ」できる方法もあります。

 

ピアノをされた経験のある方は「ハノン」で練習された方も多いのでは?
実は話すための英語力育成にも「パターンプラクティス」は非常に大切。

おススメ図書:「英語のハノン」


ハノンの様に、一定のパターンで音読や、シャドーイング、あるいは英作文を行い
体で覚える英語強化法です。無意識に反応する力をつけます^^

 

話すためには、「英単語(語彙力)」と「話すためのパターンプラクティス」

 

国際学会などで英語で質疑応答する場合など、
一定のパターンで学習すると、自分の言葉で口頭表現できるようになります。

 

2022年03月01日

●何から英語学習?!●

al500_pe001

こんにちは。
今日は保護者の方から多く頂くご質問。「英語は何からどうやって勉強するのか?」について少しお話をしたいと思います。

子供たちの言語学習には年齢や発達が影響します。
6歳までの子供の場合、まずは耳からの刺激(リスニング力)強化が一番です。
とにかく英語リスニングに時間を割く。
DVDで好きな映画を見るもよし。

 

そして7歳以上はここに「英単語学習」を追加する。
英語は語彙力。頭の中にどれだけ単語が入ったかでその理解が変わります。

 

そして、10歳を過ぎたら本格的な文法学習を進めます。
ネイティブが使う教材でもいいですが、「文法を理解する」場合、日本の問題集などでも大丈夫です。
映像授業が受けられるようになったら、スタディサプリなどの活用もおススメです。

 

小学生・中学生の間は、難しい内容を理解するというよりも、
広範囲に文法理解を進める方が体系的な英語学習が可能です。

高校生になってからは、この上にがっつり問題集をしていきます。
入力(インプット)から→出力(アウトプット)にギアチェンジ。

同じ問題集を2クールは回していきましょう。
長文読解などは大学入試等に合わせて選びましょう。まずは基本の共通テスト問題。そして二次試験対策に展開していきましょう!

 

「耳」→「単語」→「文法」→「ドリル」→「読解」→「二次試験対策」

2022年02月24日

●英語は3学年上を行け!●

ah900_pe009

こんにちは!今日も尖ってブログを書きます^^
たぶんこんなことを書いている英会話教室は高松(香川県)にはないんだろうな::

よくお客様から
「小(中)学校の間どこまで英語学習を進めればいいですか?」と伺われることがあります。
その際は、私は必ず、
最低3学年上を行ってください。」とお伝えします。

 

つまり、小1では、外国語活動2年目の知識以上。
小2では、小学校教科化(表現中1レベル)中学1年生の英語表現を理解。
小3では、実用的な単語・表現は英検5級レベルまでは最低限必要です。
そして、ここからは中学の進学先により、小学校卒業時の到達レベルはやや異なります。

●中学受験組●
小4:英検4級合格
小5:英検3級合格
小6:英検3~準2級合格 
と高学年ではやや緩やかに検定をとっていきます。小3年生以上はやはり受験勉強もボリュームが増えてくるので、1学年1級取得を目標にしましょう。

 

●公立中学組→TOP高校受験の場合●
小6年で最低準2級は合格しておきましょう。

 

中学校受験をする高学年の子供たちの学習量は、ある意味大学受験レベルの勉強量をこなす子もいます。
1日6時間~10時間…。

なので、なるべく検定は低学年でがっつり取得し、
高学年は緩やかに検定受験と先取学習を進めていきましょう。
この先取はあくまで大学受験を視野に入れた中学からの学習です。

 

そして、中学卒業時:2級
高校1年生で準1級
高校2年生で1級取得

 

「早すぎる?!」と思う方も多いかもしれませんが、親世代と子供たちの時代は大きく異なります。

 

親世代で「英語保育園」など日常に英語を使用出来る環境で教育を受けていた子供たちは大変少なかった。でも今は、県庁所在地には英語保育園は乱立し、多くの子供たちが小1にはネイティブと普通に英会話ができるレベルの英語力を養っています。そのお子様たちは、小学校受験或いは、進学塾へ入り、中学受験(多くは中高一貫校)→大学受験へとコマを進めます。

 

私たちの子供たちはこの様なお子さん達と大学入試でバトルするわけです。

 

英語は「言語」なので、時間と暗記などの労力を費やせば得点が高い教科です。
そして先取しやすい教科でもあります。

 

小学・中学校ですでに目指したい大学の方向性などある方は是非上記の進度で!
3学年上を行け!

2022年02月22日

●受験は情報戦●

ah900_pe006

多くの保護者が通ってきた高校受験、大学受験。
知っている様で実はよく分からないことも多いのでは?

中学受験なら親世代の受験対策がそのまま子供にも活用出来ても、大学受験はちょっと違う?!
偏差値、受験内容など大きく変化しています。

 

受験をとらえる場合、まずは志望校を決定し、そこから逆算して現在どんな力をつけるべきか、これからどのような道を歩むのか、
深海魚になるならランク検討が必要なのか等様々な対策が必要になります。

受験やその対策手法には近年の情報や多面的な収集が欠かせません。
今年の共通テストは塾業界や学校関係者に大きな衝撃を与えました。文科省のこれまでにない教育・受験に対し、
新しい時代への決意を感じる内容でした。

 

共通テストの対策はこれまでのような半年や一年では対応できない内容へ変革しています。
共通テスト以外の二次試験や、私立受験では個々の対策が必要となります。

 

志望校を決定し、様々な受験情報の入手、そして保護者ニーズにマッチした塾選び。
受験は受験日の「3年前」から対策を!

2022年02月19日

●受験は戦略●

ai500_pe008

こんにちは。学習カウンセラーのグル姉です。今日もちょっぴりモノ申してみます^^。

今日は気になる「受験戦略」について。

多くの保護者から聞かれる質問。
「受験対策はいつから行えばいいですか?」

間髪入れず、私は問う。
どこの進学先を目指されていますか?

この質問で、保護者たちがどの地点まで子供の目標を想定しているか見ることが出来ます。

幼稚園・小学生の保護者様からは、「○附属中」「○○中」と答えが多く、高校の進学先はぼんやり「高松高校」。

そして再度私は「大学は?」と伺うと、
80%以上は答えが出てこない。数パーセントの保護者のみが、「○○大学」と個別の名前を上げる。

受験を目指すお子様をお持ちの保護者様。
希望大学(受験の出口)をまず決めてください。(お願いだ!)

 

中学受験や高校受験は単なる「通過点」です。
長期目標を掲げ、その時期に適した教材・先生・塾選びを行いましょう。長期目標であるほど子供たちにとっては負担が少ない。与えられる時間が少ないほど子供たちにかかるストレスと結果要求は厳しくなる。中学受験も、高松附属中ではなく、(私学)中高一貫校になることもある。

 

そして、MARCH以上を狙うならば、先取無くして道はなし。
高松市の中には、「高松高校」入学が極みのように思われている保護者が多いですが、
旧帝大や早慶以上を目標に受験検討されている場合は、高松高校上層部(トップ15)である事が必要です。
深海魚では厳しい現実が待っています。

 

受験は戦略

 

時間と戦う方法を検討し、短期・中間目標を達成し、本番の長期目標へとお子様を導く必要があります。

2022年02月16日

●受験に勝つための「英語」●

image2

こんにちは。学習カウンセラーのグル姉です。
今日はちょっとアグレッシブに「英語教育」を語ってみます。

巷では、「楽しい英会話」と謳われていますが、子供たちが英語力をつけるにあたり、
そんな内容で本当に大丈夫でしょうか?

中学受験を控える皆さんにとって、歌ったり、ゲームで子供の興味に訴える英会話教室は必要あるとは思えません。(過激!)
中学受験組の皆さんにとって、「英語」は多くの中学校で受験科目ではないところがまだ多く、学習の必要性を感じないかもしれません。

 

しか~~し、強く強調したい!
「中学受験」は通過点である。本番は中学以降!英語は中学以降でいいかなぁなんて事態は避けて欲しい。

高松附属中学校(附中)合格後の内申点や定期テストで実はカギを握るのが「英語」。
小学生の時は大きな問題を感じなくても、「高松高校」「愛光」「開成」「岡山白陵」など進学時には、
これまでの受験対策の4教科ではほぼ横並び、受験を左右するカギは「英語の数点」「英検取得の内申」で合否が決まるって知ってました?!

 

高松・丸亀の私学中学でも、中学2年生ですでに高校文法は終了し、
すでに大学受験モード。難関大学めざし動いています。

 

戦うライバルは、地元生ではありません。(高校までは高松高校狙いもありますが・・・)
受験標準を「全国版」に切り替え、受験戦略を持ってください。

小学生で英検3級・中学3年で2級・高校2年で準1~1級レベル。
英検取得が目的ではありません。このレベルまで子供たちの英語学習レベルを上げておいてください!

 

#英検 #高松 #高松高校 #高松附属中 #附中 #受験 #中学受験 #ニューフロンティア #受験は戦略

 



2022年02月10日

●New Frontier(ニューフロンティア)学習カウンセラーです●

image6

はじめまして。
New Frontier(ニューフロンティア)専属「成功に導く学習カウンセラー」のグル姉です。

こちらのブログでは、子供たちの年齢別学習方法やレベル別学習方法などの情報発信を得意としています。
TOP校を目指すには、時期や手段、学習方法の知識が必要です。「受験は戦略」
未来に繋がる情報をご提供して参ります!

ブログ内容はかなりアグレッシブの受験裏話を掲載いたします!

2021年01月31日